トップ > エンタメ > 【悲報】保毛尾田事件でフジテレビが謝罪wwwwwwwwwwwwwww
「暗号通貨」誕生の歴史
ノアコイン(NOAHCOIN)とは?


【悲報】保毛尾田事件でフジテレビが謝罪wwwwwwwwwwwwwww

2017年10月16日(月) エンタメ

1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/16(月) 15:23:07.54 ID:CAP_USER9
9月28日に放送されたフジテレビの「とんねるずのみなさんのおかげでした」30周年スペシャルで、石橋貴明が扮するキャラクター「保毛尾田保毛男(ほもおだ ほもお)」に視聴者から批判が相次いだことを受けて、フジテレビは公式ホームページで正式に謝罪した。

「保毛尾田保毛男」は、青髭にピンク色のほおという派手なメイクを施したキャラクター。28日の放送では同性愛をネタに共演者とやりとりをするシーンが放送され、視聴者からは同性愛者を揶揄する表現に大きな批判が相次いでいた。

■謝罪文の全文はこちら。

平成29年9月28日(木)に放送した「とんねるずのみなさんのおかげでした30周年記念SP」において、出演者が「保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)」というキャラクターに扮して出演致しました。しかしながら番組の放送に伴い、このキャラクターに関して沢山の抗議を頂戴しました。

番組は、LGBT等性的少数者の方々を揶揄する意図を持って制作はしておりませんでしたが、「ホモ」という言葉は男性同性愛者に対する蔑称であるとのご指摘を頂きました。そのような単語を安易に使用し、男性同性愛者を嘲笑すると誤解されかねない表現をしたことで、性的少数者の方々をはじめ沢山の視聴者の皆様がご不快になったことに関して、深くお詫び致します。またこのキャラクターが長年に渡り与えていた印象、子供たちへの影響、およびLGBT等をとりまく制度改正や社会状況について私共の認識が極めて不十分であったことを深く反省しております。

今回頂戴した様々なお叱りやご意見を真摯に受け止め、多様性(ダイバーシティ)のある社会の実現のために正しい知識を身に着け、より良い番組作りを進めて参りたいと考えております。

以上

【これまでの経緯】

28日の番組放送後、差別的な番組の表現についてネット上では批判の声が相次いだ。当事者らから「当時も全然笑えなかった。言ったらいじめられると思っていた」などの声が上がっていた。

これに対して、LGBTの関連団体などが「『ホモ』という単語は男性同性愛者に対する蔑称であるとともに、その存在自体を嘲笑の対象として表現することは、今なお日本社会に残る性的少数者への差別や偏見を助長する」などと声明を発表し、謝罪を求めていた。

抗議を受けたフジテレビの宮内社長は、記者会見で「これは30週年スペシャルで、30年間で作り出してきた色々なキャラクターで展開をしたわけですが、もしその時代が違っていて、不快な面をお持ちになった方がいたことは、テレビ局としては大変遺憾なこと。謝罪をしないといけない」と述べ、陳謝した。

しかし、10月12日に保毛尾田保毛男に関連する騒動が起きて初めて『とんねるずのみなさんのおかげでした』が放送された際には、番組内で騒動への謝罪やコメントが一切なかったことから、ネット上では再度、疑問の声もあがっていた。

配信2017年10月16日 09時19分
HuffPost Japan


続きを読む

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。