トップ > エンタメ > 第3子を妊娠した東尾理子が不妊治療の現状を告白!「金がかかりすぎる!」
「暗号通貨」時代の到来
伝説の「師範代」が中高年ゴルファーに捧げる実践レッスン!『大古清のゴルフ道場』


第3子を妊娠した東尾理子が不妊治療の現状を告白!「金がかかりすぎる!」

2017年11月14日(火) エンタメ

1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/13(月) 17:56:03.80 ID:CAP_USER9
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171113-OHT1T50077.html
2017年11月13日10時29分 スポーツ報知

第3子妊娠が判明した俳優・石田純一(63)の妻でプロゴルファーの東尾理子(41)が12日、「お金がないと、治療も出来ない」のタイトルで自身のブログを更新し、不妊治療の金銭的な問題を伝えた。

これまで妊娠・出産についての様々な問題をつづってきた東尾だが「今回はやっぱり、治療を行う上で一番の負担になってるお金の話をしようと思います」と記述。
「妊娠治療のほとんどが自己診療なので、本当に高い。私は、幸いにも貯金が底をつく前に子供を授かる事が出来ましたが、そうでなく諦めなくてはいけなかった方もたくさんいらっしゃいます」と現状を訴えた。

「市町村によって助成金の額は変わりますが、それでも負担額は相当なものです。そしてその助成制度は、年齢制限を含め減る傾向にある様に感じます」とし、さらに「お金が必要だから働く、けど働いていると病院に通う時間が取れない」という問題も提起。

 自身が主催する治療経験者が集うお茶会でも「妊娠治療をしてるとは言えないので、ただ寝坊や無断欠勤の多い人に思われてしまってます」などの声があったことを明かし、
「『お金が足りなかったから妊娠治療にトライ出来なかった』人が一人でも減る様、職場での育児 介護休暇ならぬ『妊娠治療休暇』の拡大、市町村の助成金の拡大、少子化対策を掲げる国へは特定不妊治療助成金制度、保険適用の拡大など、治療費負担が減る事を願います」と呼びかけた。
45index


続きを読む

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。